グレーゾーンで経営するエステ


世の中には星の数ほどの美容サロンが存在します。それだけ女性の美に対する意識が高い証拠だと言えるのです。しかし、多く存在する美容サロンは過酷な競争が強いられているのです。

食うか食われるかの状態であり、価格を低価格に抑えたり、グレーゾーンの謳い文句で集客をしなければいけない状態にまで陥っているのです。エステサロンでよく見かかるのが、永久脱毛と言う広告の見出しなのです。

本来永久脱毛とは毛根の毛母体をレーザで焼ききる医療行為であり、決して美容サロンでは行えない医療行為なのです。そのためエステサロンであるのに永久脱毛を売りにしているサロンは、消費者は気をつけなければいけないのです。


 

美容サロンでの脱毛はグレーゾーンか?


レーザー脱毛で使用する医療用レーザーは、医師や医師のもとで指示を受けた者以外は取り扱うことができません。

それに厚生労働省の見解では、脱毛は医療行為であるということですので、美容サロンでの脱毛は、グレーゾーンの中での営業といえるでしょう。


クリニックで施術されるレーザー脱毛は、高い出力で行われるので効果が高く、万が一トラブルが起こった場合でも、医師や看護師が付いているので対処が的確で安心です。


美容サロンの場合は、決められた出力でしかレーザーを照射できないので脱毛効果もクリニックに比べ劣りますし、火傷などが起きた場合も医療行為ができないので、大きなトラブルにつながるリスクがあります。
医療機関ではない美容サロンでは、リスクに対するアフターケアもままならないので、アフターケアのしっかりしている医療レーザー脱毛がお勧めです。



グレーゾーンについて

脱毛は、医療行為であるという厚生労働省の見解がありますので、エステや美容サロンで行なわれているフラッシュ脱毛やレーザー脱毛、ニードル脱毛はグレーゾーンでの営業だと言えるでしょう。


クリニックで施術されるレーザー脱毛は、医療レーザーの出力も高く効果的ですが、美容サロンなどでは、許可された範囲の中でしか出力を上げることができないので、脱毛効果が劣ります。

ですので許可された範囲を超えて出力を上げたりするのですが、そうすると火傷などの肌トラブルが起こるケースが多いのです。


また効果の高い医療針を使ったニードル脱毛でも、クリニックほど衛生面がしっかりしていないので傷口から雑菌が入り、炎症をおこしたりするトラブルがあります。
施術中トラブルが起こった場合でも、医療行為ができ、アフターケアもしっかりとしてくれる医療機関で、医療脱毛を受けられる方が安心ですよ。

美容サロンのトリートメントでプチ贅沢


日々の生活の中でストレスを感じている現代人は多いです。それぞれのストレス発散方法がありますが、女性はプチ贅沢をする事でストレスを発散する人が多いです。

日常とは違った、ちょっとした贅沢を味わう事で心が満たされ幸福感を感じる事により、ストレスを発散するのです。


そこで、人気があるのが美容サロンのトリートメントです。ゆったりとした雰囲気の中で、自分の体をトリートメントしてもらう事はリラクゼーション効果も高く、日頃の疲れを取るには最適です。トリートメントは香りも良く、その香りに癒される事もあります。

お好みの香りを選ぶ事が出来る美容サロンもありますので、自分の気に入った香りでケアしてもらうことで、さらにリラックス効果が高まります。